新刊・『彼岸の図書館—ぼくたちの「移住」のかたち』


奈良の山奥で自宅を図書館として開いた夫婦による、

「夢を叶えた」んじゃないほうの「闘う移住」の物語

「人文系私設図書館ルチャ・リブロ」という実験のはじまりとこれから。

青木真兵・海青子著/名久井直子デザイン

人文知の拠点は「地面に近いところ」に構築されるべきという

シンペイ君の直感にぼくからも一票——内田樹

 刊行記念イベントツアー「元気です。2019」開催中!

【書評】「朝日新聞」11/30付読書面 評者:宇野重規さん

「週刊新潮」11/28増大号 評者:大竹昭子さん

好評既刊


『失われたモノを求めて 不確かさの時代と芸術』「モノからコトへ」時代に美術家・池田剛介が探る、「作品」と「制作」の新たなる可能性。

『新版 宮澤賢治 愛のうた』岩手のエッセイスト・澤口たまみが作品と証言から読み解く、宮澤賢治の知られざる真実の恋の物語。

第52回岩手読書感想文コンクール(高等学校の部)課題図書

『山熊田 YAMAKUMATA』土門拳賞受賞写真家・亀山亮がとらえる、

マタギの村の暮らし。

『家をせおって歩いた』美術家・村上慧の「移住を生活」した1年間の記録。

重版出来

澤口たまみ「百年の謎解き」トーク&ライブ


はじめまして、夕書房です。


茨城県つくば市を本拠地とする、ひとり出版社です。

「せきしょぼう」と読みます。
2017年4月より人文・芸術書を中心に刊行しています。

BLOG & Twitter