イベント情報 · 2019/06/15
『新版 宮澤賢治 愛のうた』の著者・澤口たまみさんとベーシストの石澤由男さんによる「百年の謎解き」コンサート、2019年7月のスケジュールはこちらです。
夕書房の日々 · 2019/06/12
『新版 宮澤賢治 愛のうた』(澤口たまみ著)が、今年の夏の岩手読書感想文コンクールの課題図書(高等学校の部)に選ばれました!

書評情報 · 2019/05/15
2019年5月15日付「朝日新聞」朝刊1面「折々のことば」(鷲田清一氏)に、村上慧著『家をせおって歩いた』の一節をお選びいただきました!
書評情報 · 2019/05/12
「美術手帖」2019年6月号 BOOK欄で池田剛介著『失われたモノを求めて 不確かさの時代と芸術』が紹介されました!

夕書房の日々 · 2019/05/02
月刊「ブレーン」2019年6月号の座談会「青山デザイン会議」に、角張渉さん(カクバリズム)と長畑宏明さんとともに、夕書房・高松が参加させていただいています。
イベント情報 · 2019/04/29
2019年5月16日(木)〜31日(金)、京都の書店・誠光社で池田剛介さんによる「失われたモノと浄土複合」展が開催されます。

百年の謎解き · 2019/04/22
『新版 宮澤賢治 愛のうた』の著者・澤口たまみさんがベーシスト・石澤由男さんの奏でる調べに載せて賢治の知られざる恋物語を語る「百年の謎解き」トーク&ライブ、2019年5月〜6月のスケジュールです。
新刊・近刊情報 · 2019/04/10
ウェブマガジン「REALKYOTO」に、池田剛介×佐々木敦・公開トーク@青山ブックセンターの様子が掲載されました! また、池田剛介著『失われたモノを求めて 不確かさの時代と芸術』の序文(3ページ)をPDFで特別公開! こちらからお読みいただけます。

作家情報 · 2019/04/02
2019年3月、京都・浄土寺エリアに制作・発表・批評の拠点となる複合アートスペース「浄土複合」がオープン。立ち上げ人は、『失われたモノを求めて 不確かさの時代と芸術』の著者・池田剛介さんら4人です。
書評情報 · 2019/04/02
「美術手帖」2019年4月号・特集「100年後の民藝」に池田剛介さんのインタビューが4ページにわたり掲載されました!

さらに表示する