· 

10月上旬新刊『彼岸の図書館』と刊行記念ツアー「元気です。2019」

夕書房5作目となる書籍『彼岸の図書館 ぼくたちの「移住」のかたち』(青木真兵・海青子著)を、2019年10月上旬に刊行いたします。

 

刊行を記念して、著者によるトークイベントツアー「元気です。2019」を全国で開催!

本書は、奈良県東吉野村へ引っ越してから、みるみる元気を取り戻していった青木夫妻のリカバリーの物語でもあるのです。

豪華ゲストもお招きしているので、お近くの方はぜひ足をお運びいただけましたら。

皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。

 

-------------『彼岸の図書館』刊行記念ツアー「元気です。2019」-------------

 

#00  2019年9月21日(土) 19:00~21:00(開場18:30)→終了しました

  「白黒つけない暮らし」 松井祐輔(H.A.B.)×青木真兵

   会 場:Readin’Writin’ BOOKSTORE(田原町)

   参加費:1000円

   申 込:readinwritin@gmail.com(お名前・連絡先をご明記ください)

   詳細はこちら

             

#01 2019年10月8日(火) 19:00-20:30(開場18:30) →満員御礼! 終了しました

  「いま、人文知の拠点をつくるということ」内田樹 × 青木真兵

   会 場:青山ブックセンター本店・大教室(表参道)

   参加費:1500円

   定 員:110名様

   申 込:店頭またはオンラインでhttp://www.aoyamabc.jp/event/jinbunchi/

 

#02 2019年10月24日(木)  19:00-21:00(開場18:30) →満員御礼! 終了しました

   「書物を守る闘い」内田樹 × 青木真兵×青木海青子

   会 場:誠光社(京都)

   参加費:2000円+ワンドリンクオーダー

   定 員:30名様

   申 込:メール(s-contact@seikosha-books.com)に参加ご希望日程、お名前、お電話番号をご記載。

       または店頭・お電話で。

   詳細はこちら

   

#03 2019年11月16日(土)-17日(日)

  「出張図書館 ・人文系私設図書館ルチャ・リブロ」

   オムライスラヂオ連続公開収録「書物をめぐる冒険」

     1)「彼岸の図書館」(16日15時)青木真兵×青木海青子

     2)「本とともに暮らす」(16日16時)青木真兵×青木海青子×染谷拓郎(YOURS BOOK STORE)

               3)「ローカルからユニバーサルへ」(16日17時)青木真兵×青木海青子×白岩英樹(比較文学者)

   イベント:「森の生活」

   会 場:水海道あすなろの里(茨城・常総市)キャンプエリア

   入場料:3000円ほか

   詳細はこちらへ   

 

#04 2019年11月20日(水) 19:30-

   「場所を『ひらく』こと」青木真兵×青木海青子

   会 場:ON READING(名古屋)

   参加費:1500円(ON READINGお買い物券500円分付き)

   申 込:こちらのフォームよりお申し込みください

 

#05 2019年11月24日(日) 18:00-

   坂本大祐×青木真兵

   会 場:ひなた文庫(阿蘇)

   参加費:1500円

   申 込:件名に 「彼岸の図書館トークショー 」、本文にお名前と参加人数を記載のうえ、octopusbooks_information@yahoo.co.jpへお申し込みください。

   詳細はこちら

 

#06 2019年12月5日(木) 19:30-21:00

   「村で未来を語り続ける」坂本大祐×青木真兵×青木海青子

   会 場:Calo Bookshop & Cafe(大阪)

   参加費:1500円(ワンドリンク付き)

   定 員:25名様

   申 込:件名にイベント名とご予約の方全員のお名前、代表者のお電話番号を記載のうえ、info@calobookshop.comへお申し込みください。折り返し詳細をご連絡します。

   詳細はこちら

             

-----------------------------------【書籍紹介】----------------------------------------------

彼岸の図書館 ぼくたちの「移住」のかたち

青木真兵・海青子著

 

命からがらたどり着いた奈良県東吉野村でぼくたちが始めたのは、自宅を図書館として開くことだった――「人文系私設図書館ルチャ・リブロ」という「実験」のはじまりとこれから

 

古代地中海研究者の夫・真兵と、大学図書館司書の妻・海青子。夫婦そろって体調を崩した4年前、都会から逃げるようにして向かったのは、人口わずか1700人の奈良県東吉野村。大和の山々の奥深く、川の向こうの杉林の先にある小さな古民家に移り住んだ2人は、居間に自らの蔵書を開架する「人文系私設図書館ルチャ・リブロ」を開設します。

訪れるさまざまな人たちとの対話を重ねるうち、「ルチャ・リブロ」は単なる私設図書館を超え、山村における人文知の拠点へと発展していきます。

 

本書は、青木夫妻が移住を決意してから「ルチャ・リブロ」を立ち上げ、「土着人類学研究会」を開催しながら、現代社会の価値観に縛られない「異界」としての知の拠点を構築していくまでの「社会実験」の様子を、12の対話とエッセイで綴る、かつてない「闘う移住本」です。

------

【対談者】

内田樹(思想家・武道家)/光嶋裕介(建築家)/神吉直人(経営学者)/坂本大祐(デザイナー)/東千茅(耕さない農耕民)/太田明日香(ライター)/野村俊介(茶園経営)/小松原駿(蔵人)/鈴木塁(ウェブ制作)

------

著者

青木真兵(あおき・しんぺい)

1983年埼玉県浦和市に育つ。人文系私設図書館ルチャ・リブロキュレーター。古代地中海史(フェニキア・カルタゴ)研究者。関西大学大学院博士課程後期課程修了。博士(文学)。2014年より実験的ネットラジオ「オムライスラヂオ」の配信をライフワークにしている。現在は、障害者の就労支援を行いながら、大学等で講師を務めている。奈良県東吉野村在住。

https://lucha-libro.net/

 

青木海青子(あおき・みあこ)

1985年兵庫県神戸市生まれ。人文系私設図書館ルチャ・リブロ司書。約7年の大学図書館勤務を経て、夫・真兵とともにルチャ・リブロを開設。2016年より図書館を営むかたわら、「Aokimiako」の屋号で刺繍等でアクセサリーや雑貨を製作・販売したり、所々でイラストを描いたりしている。奈良県東吉野村在住。

https://ameblo.jp/cian55555/

------

人文知の拠点は「地面に近いところ」に構築されるべきというシンペイ君の直感にぼくからも一票

――内田 樹

------

本体2,000円+税

288頁/四六判・仮フランス装

185×135×22mm

ISBN:978-4-909179-04-3

 

書籍デザイン:名久井直子

イラスト:青木海青子