書評その2「サンデー毎日」

「サンデー毎日」5月21日号書評欄「サブカル本の真骨頂」に、『家をせおって歩いた』の書評が掲載されました!

 

評者はライターの武田砂鉄さん

 

「移動する家への個々の反応が、日常を窮屈にする『常識』の所在を明らかにしていく」

 

本書の肝に鋭く切り込んでくださった評で、目の開かれる思いです。

武田さん、「サンデー毎日」さん、ありがとうございました!